OS X Lionのセットアップ後やったことまとめとく。

なんかまだあんまり情報なくてSnowLeopardの記事とかみながら適当に。

とりあえずrvmとPow!でRailsとかの開発環境とか整えようと思ってます。
これ書きながらやってるんでグダグダですがとりあえず進めます。

・とりあえず初期起動まではチュートリアルに沿って行った。
・SafariからGoogleChromeインストールしてセットアップ
・Skypeのインストール
通知系設定
・Limechatのインストール
・システム環境設定>トラックパッド 弄る
・Dockの整理。しばらく使わなそうなの全部外した。
・ソフトウェアアップデート
・AppStore起動してアップデート

アプリケーションがLaunchPadになってる以外ここまで対して違いなかった。
Git入れようと思ってMacPorts入れようと思ったけど若干今までと手順変えないといけないみたい。

・とりあえずAppStoreからXcodeインストール

svnからmacportsインストールしようと思ったけど今はMacPortsじゃなくてHomebrewってのの方が良さそうなのでそっちに変更。

・ターミナル起動

・Homebrewをインストール

ruby -e "$(curl -fsSL https://gist.github.com/raw/323731/install_homebrew.rb)"

簡単!
でもXcodeがないよ!って怒られる。AppStoreからインストールされてると思ったらインストーラが入ってあるだけだった。

・Xcodeをインストール
LaunchPadからインストーラ起動してインストール
途中で起動したこともないiTunesを終了しろと怒られる。多分ソフトウエアアップデートで勝手にiTunesHelperというのが起動してたみたい。
アクティビティモニタからiTunesHelper終了させたらインストール無事完了

・gitをインストール

brew install git

Xcodeインストール前は上手くいかなかったけど、Xcode入れたら上手くいった。

・Homebrewをアップデート
gitで管理してるみたいでgitがあればアップデート可能みたい。

brew update


・よく使いそうなの適当にhomebrewでインストール

brew install wget
brew install readline
brew install zsh
brew install sqlite


Formulaの書き方とかも覚えた方がよさそう。。。

・ログインシェルをインストールしたzshに
chshしようとしたけどstandard-shellじゃないとか怒られた。
/etc/shellsに書いてないと駄目みたいなので

sudo vim /etc/shells

/usr/local/bin/zsh
を一番下に追加

そんで


chsh -s /usr/local/bin/zsh


・RVMのインストール

bash < <(curl -s https://rvm.beginrescueend.com/install/rvm)


.zprofileに設定追加

echo '[[ -s "$HOME/.rvm/scripts/rvm" ]] && . "$HOME/.rvm/scripts/rvm" # Load RVM function' >> ~/.zprofile


GCC指定した状態でインストールしないとRubyちゃんと動かないっぽので(ここ一番はまった)

echo "export CC=/usr/bin/gcc-4.2" >> ~/.zprofile


これやらずに先に進むとgem install rakeとかで

/Users/nog/.rvm/rubies/ruby-1.8.7-p352/lib/ruby/1.8/timeout.rb:60: [BUG] Segmentation fault

とかなる。

・RVM設定読み込むためターミナル再起動

・Rubyインストール

rvm install 1.9.2
rvm install 1.8.7


2011/07/30追記
上記Rubyのインストールだとreadlineが有効になってないためインストールしなおした

brew link readline #上でインストールしてるreadlineにリンク貼る
rvm install 1.9.2 -C --with-readline-dir=/usr/local
rvm install 1.8.7 -C --with-readline-dir=/usr/local


・Pow!インストール
MacでRailsやRackアプリやるならPow!超便利なので入れとく。

curl get.pow.cx | sh


・dotfiles引っ張ってくる。
個人リポジトリからガーッと持ってくる!!!

とりあえずこれでコピペ運動会は動いた。
Ruby環境は多分これでいけた。

iPhoneアプリだとかAndroidアプリだとかもまた後日やろう。


tail -f access.log


みたいな感じでログを追うことはよくありますよね。

いやでもほむほむに関するログだけでいいわー。って時は


tail -f access.log | grep homuhomu


みたいにしますよね。

青いのが関係するログはいらないわーって時更に


tail -f access.log | grep homuhomu | grep -v sayaka


みたいにしますよね。

grep1段階までなら問題ないんですが、多段のgrepをかました時にtail -f してるのにリアルタイムに出力されねー。
なんかまとめて表示されるんだけど・・・

ってなりませんか?

これgrepが出力先が標準出力かどうかを見てbufferを切り替えているかららしいです。

オプションで行単位のbufferに変えられるのでパイプに対して出力しているgrepに --line-bufferedとい指定してやると期待通りの動作になるみたいですね。

さっきのだと


tail -f access.log | grep --line-buffered homuhomu | grep -v sayaka


これで期待通りの動作になるようです。

Macでトラックポイントキーボード使えても、どうせスクロールはちゃんと出来ないんだろ。

そう思っていた時期が僕にもありました。

Keyremap4macbookというキーボードカスタマイズユーティリティとトラックポイントキーボードを使えばMacでもThinkpadのようにセンターキーを押しながらの移動でスクロールを行うことが出来ます。

まずはこちらなどを参考にWindows用のキーボードでもあまり違和感がなく使えるような設定を行います。

そして最後に

•MiddleClick+CursorMove to ScrollWheelにチェック

その瞬間いつもの感覚でスクロールが可能に!

こんなジャストな設定があったんですね。素晴らしい。

Keyremap4macbookから調べるとすぐ見つかる情報なのに、トラックポイントキーボードをベースに探すと全然見つからない情報なので、きっとここに書くことで誰かの役に立つはず。

まぁ本当はMac使うなら完全に移行しちゃった方がいいんでしょうけどね。

まだまだどうしてもWindows(というかThinkpad)に未練のあるnogでした。


↑このページのトップヘ